ホットペッパービューティー掲載で効率よく集客する

「販促」を目的に行う行動の種類は多く、状況や目的などに応じて適切な判断が求められます。分かりやすい例で言えば、「テレビCM」「ラジオCM」などがあり、ほとんどの人は意識しているかどうかに関係なく視聴することになります。ポイントは「目や耳に触れる」ということで、機会が増えるほど印象に残りやすくなります。 当然、「雑誌」に掲載する広告にも同様の効果が期待できますが、雑誌の場合は購入者のみにしか訴求することができないばかりか、興味関心を持たない人は内容に目を通すことすらせずに終わってしまう可能性が高いです。しかし、ホットペッパービューティーのような「専門誌」などと呼ばれるものであれば、100%興味を持っている人が手に取るものなので、非常に高い訴求(集客)効果が期待できます。

ターゲットの客層にマッチしているかどうかを考える

ホットペッパービューティーを見ている人の特徴として、「女性が多い」「若年層が多い」などがあります。必ずしも若者ばかりが見ている媒体だと言うことではありませんが、高齢者をメインターゲットに据えている状況では、期待するほどの結果につながらない可能性もあります。ただ、年代を問わず利用している人はいるので、効果がゼロになると言うことではありません。 掲載するに当たって支払う費用の負担、それに対するリターンのバランスをしっかりと分析し、確実性の高い状況でのみ利用した方が賢明です。ただ、開店間もない時期などは知名度(集客)を得るだけの目的(CM活動)で利用する方法もあります。要するに、最終的に何らかの形でリターンが得られる可能性があるのであれば、積極的に利用する価値があるということです。

具体的な手法をよく検討することが大切

ホットペッパービューティーに広告を掲載すると決めた後は、「どのように載せるのか」をよく考える必要があります。たとえば、1ページを丸ごと使って広告を載せるのか、それとも1/2、1/4、1/6などのサイズで載せるのか、はたまた色を使って載せるのかなどを決めることになり、その判断によって集客力に大きな違いが出る可能性もあります。 あまり関係がないように思われる要素だとしても、料金に大きな差があることでも分かる通り違いがあるわけです。むしろ、見た目の問題だけで料金が変動しているのであれば、ほぼ全員が最も安い料金を選択するところですが、現にさまざまなパターンを選択している状況があるように、結果に大きな違いが出るということを良く認識しておくことが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加